RSS

グランドフォーメーションとは

グランド フォーメーション(Grand Formation)とは

「グランドフォーメーション」は、通常は複数の鉱物(もしくは非常にユニークな特質を示す一つの鉱物)から成り、同じような特質と鉱物(および構造)の統合をもたらしてさらなる特質を生むものと定義されます。これを使って私たちは他の文明や他の世界の知識にアクセスし、その時代や場所の活動や行動の知識を得ることができます。私たちが「ブラザーフッド(同胞愛)」を推し進め、生まれながらの完璧さを実現するために、たくさんの活動を支援するときが来たのです。

grand formation(壮大な構成)」というような意味合いで、スーパーセブンを例にあげればAmethystCacoxeniteGoethiteCler QuartzSmokey QuartzLepidocrocite7つのミネラルが揃うことで、それぞれのミネラルの特性を持ちつつ、新たに特別な特性が生まれる。

この組み合わせが他の複合石と比べて特別にパワフルということで「グランドフォーメーション」、と呼ぶそうです。

他にはメタモルフォーシスも「グランドフォーメーション」なのですが、メタモルフォーシスの場合は内包するHafniumBariumCopperNickelStrontiumAluminum、それからそれを包み込むQuartz7種類のミネラルの組み合わせがMelody♪さんにとってはスーパーセブンと同様に特別にパワフルな構成で、「グランドフォーメーション」になります。

Polished with LOVE~塩原基弘・石を磨く~

【母なる地球と繋がり、石を磨く】



Polished With Love
 ~ EARTH LOVE WORKS 塩原基弘 ~

「母なる地球への感謝とともに、地球そのものであるクリスタルを磨く。
 そこに、新たな命を吹き込むように、愛とともに。」

塩原基弘さんの作品たちはこちらから
塩原基弘さんの作品制作工程はこちらから

 約15年間、毎年数回アメリカへ渡り、
 メタフィジカルな天然石を中心に、様々な世界の石を集め、
 日本に届ける仕事を中心としてきた。
 
 世界的クリスタルワーカーであるMelody♪氏を日本に招き、
 ワークショップをオーガナイズ。
 
 自らも米国 A Melody♪認定クリスタルヒーリングの
 ティーチャーとして活動する、
 代表 塩原基弘氏。



「polished with Love  愛とともに磨かれる。」

と名付けられた石達は、眺め、手にとると、
まさにマザー・アース 母なる地球からの愛そのものに感じられます。


「一個一個の石のエネルギーはみんな違うので、
 それをしっかり感じながら 石に宿る精霊たちや、
 ミネラルキングダムから教えを乞うような気持ちで加工し磨いています。

 そして、原石に宿るエネルギーが、削りとられた粉に残らず、
 全て研磨した石本体へ移動してくれるように願いながら。

 その石のエネルギーが純粋に表出するのを邪魔したくないので、
 加工している間は、自分から石に余計な影響がないよう、常にセンタリングして、
 メロディに教わったユニバーサル・エネルギーを流すように意識しています。」

と語る塩原氏。 

その言葉どおり、彼の磨いた石達はどれも純粋で美しく魅力的。
優しくも力強い輝きを放っています。

わたしは、磨かれている石よりも、
どちらかというと原石が好き。
なぜなら、石本来のエネルギーをそのまま感じられるからです。
しかし、塩原氏の磨くPolished with Loveの石達に
なぜ、わたしがこんなにも魅かれるのか?
それはきっと、彼が語るように、純粋な石本来のエネルギーが失われることなく、
ちゃんとそこに存在し続けているからなのでしょう。

「一段階、一段階きっちりやっていくと、
 最後にコンパウンド(磨き粉)で仕上げる時に、もの凄く美しく光りはじめるんです。

 まるで魔法みたいに!

 その光りを出すためには、仕上げに至る工程の一段階、一段階、絶対に妥協はできません。
 そこまでは地道な積み重ね。 その先に魔法が起きるんです。

 全て手作業で、切断し、削り、磨くという全行程を自分でするのは効率は悪いけど、
 その分、石に対して愛情が湧き、
 なんというか… 母である地球との間の繋がりのエネルギーを感じられる。
 石とコミュニケーションしながら、それが形になっていくという、
 理屈じゃない、深い部分で沸き起こる喜びと充実感があります。
 それがまた、人に伝わった時の喜びもあります。」

と熱く語る塩原氏。


原石をスライスするところから、磨き上げる全ての工程を見学させていただきましたが、
一見すると、もう充分綺麗に磨けているように思うものでも、
様々な角度から石を観察し、じっくりと石と向き合いながら地道に作業をするというのは、
本当に好きじゃないとできないことでしょう。
その石に対する真摯な姿勢に感動しました!


そんな、石の磨き職人である塩原氏ですが、
磨きを始めたのは、クリスタルワークショップで使用する、
ネフライト・クォーツの面取りをした時に、
それまで以上に石のエネルギーを感じるようになったのがきっかけだそう。

そして、25年以上磨きをやっていて、Melody♪さんの盟友でもある
ボブ・ジャクソン氏に、その時の写真を見みせたところ、
「石の加工・研磨をやってみないか?」と誘われ、磨きの世界への探求が始まりました。

モノづくりはもともと好きで、夏にアメリカへ行くたびに、
ボブ氏に4~5日間ぐらいかけて教えてもらううちに、
すっかり磨きの世界にハマってしまったといいます。

石に15年関わってきて、石の様々な側面を熟知した上で加工している塩原氏。
さらに石の構造や加工・研磨の理論も熟知しているボブ氏から講義を受け、
「感覚の部分」と「知識の部分」両方のバランスがとれた作品たちが生まれています。

何でも機械で短時間で、大量に生産できる時代。
手作業の加工・研磨職人はどんどん減ってきてしまっているそうです。

研磨をしながら意識が集中してくると、石の精霊さんなのか、コビトのおじさんが登場して、
ガイダンスをしてくれるような感じがすることもあるとか!

そんな中で、愛とともに磨かれ、
石の精霊がそのまま宿っている石たちを、
ぜひご縁のある方にお届けしたいです。


【Polished with Love 制作工程



一瞬の氣も抜けない研磨作業。
意識が集中していき、瞑想状態に。




石をスライスするところから研磨、仕上げまで
全て手作業。




通常全7段階に及ぶ研磨工程。
徐々にヤスリの面が細かくなっていく。




最後にコンパウンド(磨き粉)で仕上げる。
この時に、もの凄く美しく光りはじめる。




制作途中の石たち




全工程を終えて、美しく磨きあげられた石たち。

【ブルーカルセドニー】

ビフォー                  アフター

【クリソプレーズ】


【メタモルフォーシス】


【オパール1】


【オパール2】


【スギライト】






【ニューマイト】

ボージャイストーンのお話

ボージャイストーン(ボージーストーン)について



about Boji Stone

ボージーストーン(ボージャイストーン)には男性石(表面がゴツゴツしている)と女性石(表面がなめらか)があり、ペアで使用することによって、陰陽、女性性と男性性のバランスを整えます。

手に持つと、自分の影の部分、つまり抑圧された辛い記憶やネガティブな思考パターンや行動を明らかにし、徐々に癒してくれると言われています。

レインボーボージャイストーンは、ひとつで男性性と女性性を兼ね備えています。

まれにレインボーボージャイでもペアになる場合もあります。

How to use

1.ボージャイペア(黒)のみを使用の場合

①男性石を左手、女性石を右手に持ちヨガの呼吸法など、ユーザーが日頃慣れ親しんでいる呼吸法を行う。→呼吸がより深く入り、瞑想状態に入りやすくなる。

②なにか違和感があるなど、身体の気になる部分を、男性石と女性石で挟むようにして身体の上に配置する。(基本は男性石を特定の部分に対して左側、女性石を右側)→エネルギーのブロックを解消することを助ける。

その他:身体の左右に身につけていると、自然とその人本来のバランスを促し、またプロテクションにもなります。人混みなどでは、左右のポケットに入れておくことをお勧めします。

2.レインボウボージャイとボージャイペア(黒)を併用

①身体の各チャクラの中心にレインボウ、左側に男性石、右側に女性石を配置(5分以上)→各チャクラを活性化し、相互のバランスを調整、身体の自然なエネルギーの流れを助け、またエーテル体より外側のポジティブなエネルギーを、身体・エーテル体レベルで受け取り、活用しやすくする。

※7セット(21個)のボージャイがあれば7カ所同時にできますが、1セット(3個)で行う場合は、ベースチャクラから順番に施術します。

※喉のチャクラとサードアイチャクラでは黒いボージャイのペアは手で押さえるか、医療用の紙テープなどで貼ると良いでしょう。

※クラウンチャクラに対しては、頭と床の間に石を差し込むような形で配置します。

3.レインボウボージャイ単体のみの場合

①身体の各チャクラの中心にレインボウを配置(5分以上)→各チャクラを活性化し、エーテル体より外側のポジティブなエネルギーを、身体・エーテル体レベルで受け取り、活用しやすくする。

※石の配置方法、順番は2-①と同様です。

その他:シルクの巾着袋に入れて、身体の中心線に沿って身につけると、チャクラを活性化するとともに、プロテクションとしても働いてくれます。

※紫外線に当たると退色することがあるので、ペンダントトップとしての使用はお勧めできません。シルクはボージャイのエネルギーを通しやすいのでお勧めです。

ボージャイストーン・ワークショップ


⁂ ボージャイ・ストーン ⁂

  ワークショップ開催

 

創造の源から発せられた、バランスをとる石 「ボージャイ・ストーン」。

男性石と女性石が揃うことで、そのパワーを発揮するという 不思議な石です。

その働きはたくさんありますが、主だったものとして

◎チャクラのバランス調整 ◎肉体・エーテル体の傷・穴を修復し本来のパワーを取り戻す ◎グラウンディングを助け、意図を明確にする ◎怖れ・不安・心配を手放し、内なる神へとつなぐ ◎創造の源とのつながりを強化

というのがあります。

このワークショップでは、とてもシンプル・簡単な方法で、 ボージャイの役割を最大限に発揮できる使い方をお伝えしながら、 実際に、ヒーリングもたくさん体験していただきます。

ハーキマーダイアモンドを併用すると、さらにヒーリングが加速しますので、 ハーキマーもご用意しております。

使い方はとっても簡単なので、クリスタル初心者の方でも、 どなたでも参加いただけます。

------------------------------------------------

◆福岡・糸島:現在募集中のワークショップはございませんが、ご希望の場合はお問い合わせください。 

(会場・蓮の実アパートメント)

ナビゲーター  高橋ひとみ

◎参加費 5,000円
◎持ち物 筆記用具・ミネラルウォーターボージャイをお持ちの方はご持参ください。
◎動きやすい服装でお越しください。
◎定員・4名様
◎ワークで使用するボージャイは当日貸し出しいたします。販売用も揃えております。
◎会場の詳細は、お申し込み後にお知らせいたします。


お申し込み・お問い合わせはContact Form蓮の実アパートメントFBのメッセンジャー、またはカーサロータスまで

アースストーンのお話

EarthStone”<以下「アースストーン」>、この西オーストラリアからの新しい石は、今までに発見された14番目のグランド・フォーメーション・ストーンである!!!この美しい石を紹介してくれたクライブとイアン、組成と産地の情報を提供してくれたバリー・ヘイ、そしてさらなる組成情報を提供してくれたロバート・ジャクソンに心からの謝辞をおくる。

産地:西オーストラリア州ドゥールグンナのデグラッサ鉱山(かつて羊牧場であった)。

鉱山は2013年に閉山された。この銅山のオーナーは、美しい鉱物は加工処理から免れる必要があり、そして未来の世代の人たちが楽しめるよう守られる必要があると正しく評価・認識していた‐これが今日この石を、私たち皆が入手できる一義的な理由である‐

鉱山主はこの石に本来備わっている美しさを認識し、銅加工処理のための採掘作業の最中にこの石を取り除けておき、そして貴石加工術とクリスタル/ミネラルの世界のために この石の保存を確かにした。

組成:この石は、クリソコラ、マラカイト、そしてキュープライト/銅などの多くの銅鉱物をともなう珪化した熱水鉱床で、ときおり鉄/キュープライト・ジャスパーの充填物をともなう。この石はドルージ状のクリソコラそして/または炭酸塩(ドロマイト)の小空洞をもつこともある。ときおり自然銅、少量の(まれに)黒銅鉱、そしてさらに銅と関係するごく微量の鉱物がみられる。これは今までに世界で発見された最もエキゾチックな銅‐熱水鉱床である;全ての銅鉱床のうちで最も有名なアリゾナ州のビスビーでさえ、この組成を生じてこなかった。それは、実際に、銅‐熱水鉱床のベンチマークである。

化学的構造は含まれる鉱物のコンビネーションである(<この石に含まれるそれぞれの鉱物は>すでに「Love Is In The Earth」シリーズに報告されており、それぞれの独自で固有のパターンと、これらの鉱物の混合をダイナミックに示す)。このパターンと混合は、グランド・フォーメーションのエネルギーを石の中に宿らせる複合のエネルギーを生じさせる。 構成要素の鉱物について<「Love Is In The Earth」シリーズに>記載された特性に加えて、以下の属性が当てはまる。 春<始まり>の時をエンライトすることのための石であり、この「アースストーン」は、新しい希望と新しい成長(物質次元のうえで)の両方をもたらすために、そして生活と存在すること両方での使い古されたやり方を省くよう人をアシストするために、それから自己の成長における美につながる「新しい」やり方を迎えるために、あらゆるエリアをグリッディングするのに使われてきた。 地球の次元にいま存在する同類のスピリット達を見つけ出すことにおいて人をアシストし、彼らとのコンタクトを容易にする(たとえ異なる大陸上でも)のに使われてきた。また、自分の将来の生活の一部になるだろう同類のスピリット達を見つけ出す(「いつ」、「どこで」、そして「どのように」をともなう)ことにおいて人をアシストしてきた。 クレアボヤンス、超感覚、そして今日この世界において自分自身を<さらに遠く深く>促進することに関する自己実現を容易にするために、グリッディングで他の8種のグランド・フォーメーション・ストーンとともに使われてきた。 さらに、この構造は自分が「森羅万象」の完璧さの本当に重要な一部分であると認識することにおいて人をアシストし、成就へ向かう進歩をもたらすための意思と手段を、愛と明瞭さの祝福とともに、人の運命のために(全ての生)与える。 この構造の中の統合された銅は、使う人のために「太陽の光」(どんな状況においても光明を見られるように、全ての状況において使う人を照らす「太陽の光」)のクリアな光線を生じるよう他の鉱物を活性化する融合のフォースとして働いてきた。トンネルの終わりに見える明かりに似て、このエネルギーは自分が置かれたあらゆる/全ての状況についての理解を高めるよう働いてきた。

オーストラリアの先住民達は、不調の原因を取り除くために、そしてユニバースのヒーリング・パワーを呼び寄せるために、セレモニーの場面においてこの石を使うよう述べてきた。この石でのエクササイズは、人に不調の原因が非常にたやすく明らかにされるということを、そしてこの認知が不調の所有者を、その不調を省くようリードすることを示してきた。

振動数はマスターナンバー44、そして水瓶座、うお座、射手座に共振する。

※本文中の< >内は訳注

翻訳 塩原 基弘 (c)Motohiro Shiobara 2015

無断複写・転載を禁じます。

メタモルフォーシスのお話

【変化・変容を促す水晶、メタモルフォーシス・クォーツ】

メタモルフォーシス・クオーツの“メタモルフォーシス”とは「変身・変容」という意味。この乳白色半透明の水晶にガンマ線を照射すると、その色が金色を帯びた緑色に変容することから、その名がつけられました。
ちなみに名付け親は、クリスタルワーカーの第一人者メロディーさん。
持つ人の意識、人生を変容、変革させるといわれるメタモルフォーシス。
そのふるさとはブラジル、ミナスジェライス州のただ2つの鉱山。その鉱脈からのみ産出され、それら以外の鉱山で採取された水晶は、いかに姿が似ていていようともメタモルフォーシス・クオーツとは呼びません。
カーサ・ロータスで取り扱っているメタモルフォーシス・クオーツはすべて、メロディーさんと厚い親交を持つメタフィジックストーン輸入卸業者「アースラブワークス」から仕入れたもので、ブラジル・ミナスジェセライス州の2つの鉱山から産出されたものです。
なお、メタモルフォーシスは乳白色であるため、一見するとミルキークオーツとよく似ていますが、結晶構造内に微量のハフニウム、バリウム、 銅ニッケル、ストロンチウム、アルミニウムなどを含んでいるため、ミルキークオーツとは異なります。
この乳白色は微小な内包物によるもので、原石に光を当てるとオパールのような光彩が見られます。また適切なカットを施すと、表面に美しい星型の光彩が見られます。

メタモルフォーシスクオーツは、人の心をよりよい方向へ「変容」していくことを助け、変化に対する対応をよりスムーズにします。
また、激しい変化の渦中にいる人に、本当に大切にすべきことを教え、変容の波に耐えうる強さを与えてくれます。
なお、俵型に研磨されたものは、美しい星型の光彩が現われやすく、メタモルフォーシス・クオーツのパワーがもっとも強く引き出される形状だと言われています。

MGMのお話

【MGM (Melody Green Mine)】

MGM は、米国アーカンソー州・Mt. Idaにある
Melody♪所有の鉱山から産出されるクリスタル。
現在は閉山し、採掘は行われておりません。

鉱山の付近が緑豊かなことと、
産出するクリスタルに緑色の成分(クローライト)が含まれているものが一部見受けられるため、「Melody Green Mine」と本人によって名付けられました。
単結晶からクラスターまで様々な形状が見られ、
通常は略して「MGM」と呼ばれています。

Melody♪は以前から鉱物に携わる者として、
いつか自分で鉱山を所有し採掘までのプロセスにすべて立会い、
また実際鉱脈に入り、自分の手で採掘を経験したいという願いがありました。

その願いを実行すべく、
米国の鉱山業者にいくつかの鉱山を候補としてリストアップしてもらった中のひとつが
このMt.Idaの鉱脈でした。

Melody♪の著書によるとMGMに関して、

「このクォーツをクライアントのチャクラへ約30秒間置くことでチャクラを開き(1)その状態を保持することができます。
またMGMは、このチャクラを開く(1)という特性とともに、ネガティブなエネルギーや人ごみなどの混乱したエネルギーによるダメージから身を守ってくれます。
MGMクォーツを携帯したり、身につけたりすることで、肉体、エーテル体、感情レベルで保護、防止効果が働きます。
このクォーツはオーラの中にエネルギー・フィールドを構築しますので、肉体レベルにおいて大気や水の汚染物の持つネガティブなバイブレーションを払いのける手助けをします。
それは他にないユニークなプロテクターであり、すばらしい石ですから、危険な仕事に関わる際には必ず携帯するといいでしょう。」

と記載されています。

このMGMが採掘されていたのは僅か4?5年という短い期間でありましたが、
Melody♪自身「採掘のプロセスを体験する」という目的を果たせば、
クリスタルを掘りつくし、枯渇する前に鉱脈を埋めるつもりでいました。

閉山にあたって、全米のティーチャーの資格を持つ
クリスタルワーカー(クリスタルワーカー養成講座を指導する資格を持つ者)達を集め、
鉱脈を埋めた後の平地に皆で花の種を蒔きました。
現在もMelody♪の所有地であることには変わりありませんが、
美しい緑と多くの花が咲き、人々の憩いの場として一般解放されています。

Mt.Idaはアーカンソーの中でも非常に多くのクリスタルを産出する地域ではありますが、
MGMの鉱脈以外のクリスタルは上記の特性は持たないそうで、
メタフィジカル的な特性は同種のクリスタルであっても
鉱脈ごとに違うことが多いそうです。

すでに閉山されていることで新たな産出は無いことと、
Melody♪のクリスタルワークで数多く使用されていた為、
これまで一般市場への流通はほとんどありませんでした。
しかし今回、少しまとまった数を仕入れることが出来ましたので、
ある程度の期間は流通させることが可能になりました。
国内でのMGMの販売に関しては、
全てアースラブワークス社の箱に入れて販売しております。

-------------------------

注釈(1) Melody♪のクリスタルワークでは、必ずクライアントのチャクラを開いてからワークするよう指導されていますが、通常はクライアントのチャクラを開くためにいくつかのプロセスを経ることになります。
しかしMGMを使用することによって、それが非常に簡単なプロセスとなり、MGMの採掘以降、Melody♪のクリスタルワークでは重要なアイテムとして、活用されるようになりました。

(※)チャクラに関しては諸説色々ありますが、ここでいう「チャクラを開く」とは肉体に近い層の「チャクラを活性化する」というような意味合いです。

-------------------------

★この文章はMelody♪から直接聞いた話の内容と、Melody♪の著書から引用した文章などを編集して構成されています。

出典:LOVE IS IN THE EARTH- The Crystal And Mineral Encyclopedia by Melody♪
   Copyright ? 2007 by EARTH-LOVE PUBLISHING HOUSE LTD
   ISBN: 978-0-9628190-6-3
   Melody♪及びEARTH-LOVE PUBLISHING HOUSE LTDの許可を得て引用


              ●無断転載及び引用を禁じます/アース・ラブ・ワークス


★カーサロータス本店、カーサロータスクリスタルロッジで取り扱っておりますMGMは、
全てMelody♪さんと親交の深いアース・ラブ・ワークス様より仕入れております★

スーパーセブンのお話


スーパーセブン(Super Seven®)は、7種類の鉱物(Amethyst, Cacoxenite, Goethite, Lepidocrocite, Clear Quartz, Rutile, Smoky Quartz)のコンビネーションからその名がつけられました。
また「Sacred Seven」という名前でも知られ、カルフォルニアでは「Melody Stone」とも呼ばれています。
この石は現在、International Mineralogical Association(IMA)による学名がないため、「Super Seven®」という名称が商標登録され、このクリスタルを表す際に用いられています。
このクリスタルの7種類の鉱物が持つ性質のコンビネーションが「グランドフォーメーション」としてプラスアルファーのエネルギーを生み出し、後述するような特徴を持ちます。

タンブルのような原石の限られた部分で、全ての内包物を含んでいなくても「グランドフォーメーション」のバイブレーションが浸透しているので、もとの原石(内包物を全て含む)と同じエネルギーを備えています。

7つの鉱物の化学式は以下の通りです。

Amethyst-SiO2 w/fe,
Cacoxenite-Fe24AlO6(PO4)17(OH)12・75H2O
Goethite-alpha-FeO(OH)
Clear Quartz-SiO2
Lepidocrocite-Fe2O3 H2O
Rutile- TiO2 or FeTiO3
Smoky Quartz-SiO2 with impurities/natural irradiation

このクリスタルの硬度は7度で、クォーツを母体として、上記の内包物がみられます。

スーパーセブンは地球上で唯一、ブラジルのエスピリトサント州で「グランドフォーメーション」として形成されて産出します。

スーパーセブンが商標登録されているにもかかわらず、ブラジルのバヒア州産やインド産のものを「スーパーセブン」
として販売している業者が多いので注意が必要です。
これらの石はスーパーセブンが持つ7種類の鉱物を含まないため、エネルギーが異なります。
また、内包する鉱物の数により「スーパーシックス」※や「スーパーファイブ」※などという名称が使われることがありますが、スーパーセブンとは全く異なる石です。
エネルギーを直接感じてみるか、内包されたそれぞれの鉱物を調べてみることで、その違いがわかります。

現在、エスピリトサント州の鉱山は水没し、美しい湖の底に沈んでいるため、スーパーセブンは採掘されていません。

スーパーセブンはファーデンクォーツクリスタルと、ほぼ同様の効力を持ち、「THE GATALESS GATE」の一連のワークや「Telepathic Transfer」、チューニングやオーラの観察において、素晴らしい働きをします。

またこの「グランドフォーメーション」のクリスタルは「たいまつのクリスタル」と呼ばれ、かつて教会や木々を灯し、人々に「聖なる光」と畏敬された「聖エルモの火」を発生させるといわれています。
この「オーラの光」は大気電磁減少により生じるものであり、電磁波が発光することでオーラの可視化を強め、肉体とエーテル体のつながりを調整するとされています。

宇宙にまばゆく輝くシリウスのように、このクリスタルは、あなたの行動すべてを導き、太古から潜在してきたものへの意識を目覚めさせるでしょう。

このクリスタルは直感力を高め、霊性(spiritual)や知性(intellectual)の次元で存在する真理や人生で起こる出来事の意味、また、与えられた役目への理解を促し、「宇宙の次元」(Cosmic Plane)での成長を容易にしてくれます。

さまざまな神秘思想家に、普遍的な人類愛、カルマや物事の関連性、生まれ変わりの意味などの核心に導くクリスタルとして使われてきました。
また、このクリスタルは個人または集団が、平和と調和そして愛の法則に基づいた思考パターンを受け入れ実践できるよう、手助けをしてくれます。

スーパーセブンは、ネガティブなエネルギーや波動を一切蓄積しないため、浄化や活性化を必要としません。
このクリスタルは常にエネルギーを無限に放出しており、チューニングには最適なクリスタルです。

このクリスタルを仁神術に用いると素晴らしい力を発揮します。
仁神術とは、疾患や不調などのネガティブなエネルギーを白い光に満ちた器(receptacle)へ流し込み、ポジティブなエネルギーへと転換させるワークであり、命の源であるエネルギーと肉体のバランスを整える効果があります。
このワークにより、日々のストレスにより生じている不調や疾患を改善し、停滞したエネルギーの流れを本来の自然な状態に戻すことができます。

スーパーセブンは「つながりの石」であり、自分と対象となる人やものとのつながりを深め、活性化する効果があります。

また、このクリスタルは、リモートビューイング、テレパシー、透聴、透視、自意識を保ったままでのチャネリング、普遍的な創造性、全ての次元での癒し、アースヒーリングを促すことにも使われてきました。

スーパーセブンは、「Love is in the Earth,Laying-On-Of Stones」に紹介されている全てのワークでファーデンクォーツの代りに用いることができます。

波動数は9です。




※訳注 「スーパーシックス」や「スーパーファイブ」などの名称は、「スーパーセブン」に便乗して販売業者がつけたものであり、メロディーは関知しておりません。





LOVE IS IN THE EARTH- THE CRYSTAL AND MINERAL ENCYCLOPEDIA
Author : Melody
Copyright Ⓒ 2007 by EARHT-LOVE PUBLISHING HOUCE
ISBN: 987-0-9628190-6-3
この文章は、上記の文献より出版社および著者の許可のもと、引用翻訳しています。
TranslationⒸ EARTH-LOVE WORKS
無断転載、配布を禁じます。

チタニウムinクォーツ(ガイアクォーツ)のお話


~Titanium-Included Quartz~

アーカンソー州で産出されるガイアクォーツ(チタニウムinクォーツ)は
MGMクォーツが産出されたMt.Idaからカウンティ(郡)を二つほど離れた
Salineというカウンティで産出します。

ガイアクォーツ(チタニウムinクォーツ)は
クォーツ内部にチタニウムガスに由来する空洞(ポケット)を内包し、
そのポケットにはガス状(すでにガスではない)の酸化チタンが見られます。
英語では「タイタニウム」という発音になります。
「Titanium」の語源は古代ギリシャ神話に登場する
天空神ウラーノスと大地の女神ガイアとの間に産まれた
「タイタン(ティターン)十二神」が「Titanium」の語源といわれています。

この石は「母なるガイアの象徴」であり、
さらに海、空、山、そして地球の中心のエネルギーを表しており、<
「ガイアクォーツ」と呼ばれます。

「古代アトランティスのクリスタル」としても知られるこのクリスタルは、
アトランティス文明で活用されていた
クリスタルフォーメーションの主要なひとつであったとされています。
この文明における電気エネルギーの発生源であり、
住居建築の構造に関するエネルギー的な部分で用いられ、
さらには外部のあらゆるネガティブエネルギーの進入から保護する作用により、
アトランティスの領土全域に視野をもたらし、
快適な環境を作り上げるため補助的役割を果たしていました。

ガイアクォーツ(チタニウムinクォーツ)は、
自浄作用を持つ数少ないクリスタルのひとつです。
従って、浄化を全く必要としません。
あらゆるネガティブなエネルギーはポジティブなエネルギーに転換され、
クリスタルの内部に見られる煙状の内包物の
クリスタルフォーメーションによって
「煙幕」とよく似たプロセスでプロテクトする作用を持ちます。
そのため「ネガティブ」なものが、
石のエネルギー・フィールドに入り込めないのです。

この石はカオス(混沌)に秩序をもたらし、
それによって持つ人の人生にとって不必要なものを明確にし、
浮かび上がらせます。
また鏡として私たち自身を映し出してくれることで
混乱して追い詰められた心が自暴自棄にならないようサポートしてくれます。

このクリスタルは星とつながっているため、
クリスタルのエネルギーは星からのメッセージを運ぶ役割を持ちます。
このフォーメーションに流れる星のエネルギーは、
強い意志を持つためのサポートとして、
また人の行動に柔軟性を持たせるためにも使われてきました。
さらには「修正液」的な役割もあり、
トラウマを消し去り、トラウマが私たちの成長や今生で喜びの妨げにならないよう助けます。

またインナーセルフとのつながりを助けるため、
旅の道標として人生の分岐点に直面したときに、
どの道に進むべきかすでに「知っている」状態から選択が出来るような視野(視点)をもたらします。
ですから現実のバックパック旅行やキャンプの際の
「道を見つける」ための補助としても有効とされています。

このクリスタルの持つフォーメーションは
アストラルの旅から意識がスムーズに戻れるように、
また肉体の旅(飛行機に乗って)で快適に眠り、休息がとれるように、
アストラル、肉体レベル両方の旅において寛いですごせるよう助けてくれます。


※1 このチタニウムinクォーツはクリスタルワーカーにとって、
各自の魂に眠るアトランティスのヒーリングメソッドを想い出させ、
そのメソッドを使えるようになるための優れたクリスタルレイアウトが存在します。

※2 水にエネルギーを与え、塩素の弊害を除外するために使われてきており、
太陽への露出が多い人が太陽からの放射線の影響を除去するための
エリクサーとして使われることがあります。
※1、※2はMelody♪のクリスタルワークを学んだ人にとっては有益な情報になると思います。


LOVE IS IN THE EARTH-THE CRYSTAL AND MINERAL ENCYCLOPEDIA Author:Melody Copyright(C)2007by EARTH-LOVE PUBLISHING HOUCE ISBN:987-0-9628190-6-3
ここに掲載されている文章は上記の文献より出版社および著者の認可のもと、引用、意訳しております。
(C)EARTH-LOVE WORKS
監修 ネイチャーワークス
無断転載、配布を禁じます。

ジェミーロードナイトのお話

カーサロータスでお馴染みMGMやスーパーセブン、メタモルフォーシス、ケセラストーンなど、
グランドフォーメーションと呼ばれる石があります。

13種あるグランドフォーメーションの中には、カーサロータスにてまだご紹介していないミネラルが
あります。

2012年9月に開催されるストーン&ミネラル販売会では、その中からカーサロータスで初めてご紹介
するグランドフォーメーションストーンが含まれています。

そのうちの一つが、ジェミーロードナイト。




通常よく見かけるのはマットな渋いピンクの磨かれたロードナイトで、バラの花のようなストーンの
ため、和名で薔薇輝石とも呼ばれるそうです。

マグネシウムを多く含み、鉄の含まれる量によって褐色を帯び、マンガンの含有量により黒い筋や
斑点などがあらわれます。それら通常のロードナイトはグランドフォーメーションではありません。

ではグランドフォーメーションの『ジェミーロードナイト』とは。

ブラジル産のロードナイトの原石で、ロードナイトの中でも特に色が濃く、宝石質の部分を持ち、
磨きをかけると透明感のあるロードナイトに加工される上質のロードナイトを『ジェミーロードナイト』
と呼ぶのだそうです。

そう言われると、この石もまた、素人ではグランドフォーメーションのロードナイトなのかどうかを
判断するのは難しそうです。

ブラジル産のロードナイトの原石全てがそうではないですし、宝石質の部分を持っているか、
と言うのはなかなか素人目には判断しがたいように思います。

今回信頼のおけるアースラブ・ワークスさんより仕入れたものを手に取りましたが。

通常のロードナイトとは全く異なるエナジーです。

宝石質故の濃厚で、凝縮されたエナジーと、原石であるが故の力強さをひしひしと感じます。

このミネラルを磨いたら、それはまたかなり違うエナジーになるのだと思います。その力強さに、
洗練されたパワーが加わり、その特徴を存分に発揮する、と言うような。

とは言えこの原石の持つワイルドなエナジーもとてもすばらしく、今までにない感覚です。

そんな『ジェミーロードナイト』、この度カーサロータスにも入ってきました!ご購入はコチラから☆

ページトップへ